2011年7月24日 (日)

気がついたら…

7月23日。
何だか、久しぶりにテレビをつけたら…、なんと!そういえば明日でしたか…。

忘れてました…。

「地デジ化」。

Tide1


でも、テレビが無い方が息子と楽しく過ごせてます。

前からそんなにみていませんでしたから、
危機感はさほどありません。


24日の正午、どんなふうになるのか、見届けるのも悪くないかな。

と思いましたが、ただ切り替わるだけの事なんだろうなとも思いました。


でも…当日はどんなふうになるのかな?とちょっと気になり、テレビをつけると


Tideji2


あと30分でみれなくなります。って、
突然みれなくなって驚く人達が沢山いるだろうなあ。と思いました。

わかってて迎える瞬間と、突然の出来事では、あまりにも違う出来事です。


そして、日テレの徳光和夫さんのテレビ回顧録を聞いていたら、


いきなりぶちっとなりました…。

Tideji3


ある意味情けない切り替わり。

息子曰く「へんだね。おもしろいね」

「これで、てれびのしゅうぎょうしきを おわりにします! れい!」


そして、今もテレビは休眠状態です…。

今のアニメやテレビ番組は何だか画一的と思います。

教育テレビか、NHK総合くらいしか、ここ何年は見ていませんでした。

電気代も節約出来ます。

でも一番みなくなってしまった理由は、息子が産まれたからだと思います。


あの騒がしさについていけなかったのです。


息子には、静かな時間、他愛もない対話が大事と言う事を教えて貰いました。

------------

私は、昔テレビっ子でした。

宮崎アニメ、竜の子プロ、タイムボカンシリーズやガンダム、世界名作劇場、ニルスの不思議な旅とかがあったNHKのアニメ枠などなど…

(思い出すとたくさんバラエティーにとんでいますね。)

素敵なアニメで育った世代です。

学校から帰る途中は友達と空き地で基地ごっこしたり、駄菓子屋さんで買ったお菓子を青空を見ながら食べ、家に帰ればテレビでアニメをみていました。


とくに大好きだったのはまだ小さかったですが強烈に覚えていたのが「未来少年コナン」と「ルパン三世シリーズ」です。


あの中の世界には何か共通するものがあり、子どもの私でも感じる事はありました。

子どもの頃、大好きだった空き地は宅地に変わり、どんどん遊び場がなくなっていきました。

あの頃から危機感を感じていました。

「大人が世界をダメにしているの?」

そんな大人になりたくないと強くおもっていました。

あの頃のテレビが、今の私に何らかの影響を及ぼしているとは思います。

私は、ただの地デジ化=切り替えではなく、マスコミが本当に産まれ変わったら、クラッカーを鳴らして盛大にお祝いするのに!shine
地デジ化のプロジェクトにマスコミの再生を組み込んで欲しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

『あれから、4ヶ月になります…』

あっというま!と感じたり、まだなの?と感じたり。

時間はとっても不思議なものです…。

いつも時間(とき)を考える時「ミヒャエル・エンデのモモ」を思い浮かべます。


まだ、何ともいえない気持ちがいつも私の中に渦巻いています。


昨年の秋くらいに読んだ本に「内観と外観」という言葉があり、


そうか…。


位に感じていた事が、また違った言葉で私に語ってきました。

Interface daialog もさる事ながら、Intra face daialogが重要。これに耐えられなければ、他者との対話は有り得ない。


私自身、対話の在り方が突き付けられています。何度となく。


私って、話すのがすき、そして、聞くのもすき、そして人が好きなのです。やっぱり。


有機的な対話。それはやっぱり、深くふかく自分自身と対話することからはじまるのだと。


逃げたい気持ちもあるけれど…。


でも、かっこ悪くても、たくさん自分を開くと、いろんな物が入ってくるようになりました。


今、何かが変わると感じています。heart04


そして、人にはたくさんの物語がある事を忘れていました。


いいえ、聞くタイミングを逃していました。


最近その物語を耳にする事が多くて驚いています。


物語を聞く事が出来るようになったのは私が心を開くようになったからかもしれません…。


毎日でも、少しずつでも…。日々成長です。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月20日 (日)

今朝はスーパームーンでした。#moon

今から日の入り直前が満月です。

今朝方は
NASA「スーパームーン:14%大きく30%明るく見える」

3月20日 03:10分〜はじまりました。


とってもきれいでした。


Moon03204010
一番地球に近かった頃、佐倉市の自宅のベランダから、デジタル一眼レフで撮りました。

こんなにきれいに撮ったのは


うまれてはじめてです!


(三脚とか使っていません。)


どれだけあかるかったかということでしょうか?


満月の光よみんなをやさしく包んで、どうかみんなを守ってほしい…。


みなさんも、お月様に 祈り をよろしくお願いします。


------------


カラパイアから
「スーパームーン」を見逃してしまった人の為の、世界各地から届けられたスーパームーン画像・動画特集

も、どうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

雪ふる夜に、みんなに届け!「希望の詩」

まず第一に平和 

それはもっとも大切なこと 

平和はこの宇宙とすべての力とが 

自己の全存在と分かちがたいものであることに 

気づいた人間の魂から 

偉大な魂が宇宙の中心にあることに
 
その中心は実はどこにでもあることに 

私たちひとりひとりのなかにあることに
 
気づいた人間の魂から
 
生まれる
 
-ブラック・エルク

雪の降る夜、みんなの心にもこの「詩」がシンシンと降り積もりますように、、、、。


心を込めて祈りますconfident

                                          書籍:ネイチャーゲーム3より

日めくりカレンダーのようになっていて、 {自然の中にかえれる「お守り」}の本です。いろいろな文や詩に心がぎゅっつとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

みんなでおすすわけ

ご近所から「ふかしたてのお芋」をいただき、家で食べていると、、、。

いきなり、

息子が「おばけさんどうぞ」と右の天井へ

私「おいしい!っていってるよ」

息子「かみさまもどうぞ」と左の天井へ

私「ありがとーおいしいねっていってるよ」

「みんなでたべるとおいしいねえ~」


いきなりでしたが、目に見えないものへの

      畏敬の念

は私も、むすこも大切にしていきたいとおもいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

音楽と本

ものすごくへこんでしまった私に 「音楽」「本」「むすこ」が助けてくれています。

とてもありがたい。confident


なんだか、最近ラジオとかで昔の曲に出会うことが多く、その音楽を聴くとその時代にタイムスリップしてしまいます。

ほんと、不思議です。


とんがっていた高校のときは、「ザ・ブルーハーツ」が私といっしょにいつもいました。
他もいろいろ聞いていましたが。一番タイムスリップしやすい。


本は、「星の王子さま」。

この本は子ども向けとおもったら大間違い。


よい本は、自分の親友のようなもので、いつ読んでもそのときそのときで感じ方が変わる不思議なものと思っています。


作者のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリは不器用な人だったと聞いています。


だから、私は彼の作品に惹かれてしまうのかもしれません。


星の王子さまを読むと、ほんとよくわかります。


是非、おすすめです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

弱音

めったに吐かない 弱音 をはいてしまいました、、、。

というか、吐かなきゃいけない のかもしれません。

弱音を吐くことが出来ない、そんなふうに育ってしまった自分。

息子には、いつでも「たすけて」がいえる様に育てたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

心の呟き

ここ何ヶ月かで、生まれてから今に至るまでのさまざまな出来事が、


いま、この歳になって、奥にずっとしまっておいた箱から飛び出し、


私をとても苦しめたり、困惑させたり、今の自分を再認識させられている、、、。


人生半分まで来たと考えると、いままさに、ターニングポイントなのかもしれない。


もっとよりよい人生を自ら切り開くのか、そうでないのか。


私は今まで、何をしてきたのだろう。


何を残してきたのだろう。


誰でもない、自分の人生なのだから、もっとがんばらないと。そう思っている。


いまが、つらくてジェットコースターのようにあがったり、さがったりでも、


きっといつか笑って「あんなこともあったよね」なんて言いたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

受信メールが千件も!

いろいろ忙しくしているうちに、、、

受信メールが1000件にまで膨れ上がってしまった、、、。


何とか、減らさなければ!


しかし、またいろいろ忙しい、、、。


えーーーん。


今、一番ほしいものは?

と、

聞かれたら、


ずばり!

1日 無料でほしいーーーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

「生きること」と「生活すること」

このところよく自分でも考えることなのです。


それは、息子が保育園に入るために


「私もきちんと仕事をしないと入れない!」


といった現状からでしょうか?


学生のとき、お茶の水博士にそっくりな西村先生という先生に


お話してもらったことが印象に残っています。


その時に「生きること」と「生活すること」という文言を使ったかどうかは


定かではないですが、そのときのお話を簡単に記すと、


「生きること」と「生活すること」は違う。

「生活すること」を具体的にいえば、社会の一員となって、就職しお金を稼ぐこと。

でも、それだけでは「生きている」ことにはならない。

「生きること」には日々の衣食住の他の、何か自分を支えてくれるもの が必要なのだ。


ということをわかりやすく具体的な「友人の話」になぞって話してくれました。

--------

私の場合。

そんな恩師の苦労をわかってはいたものの、

超氷河期で入社した会社を辞め、

環境教育についてや、インタープリターになる為に今までいろいろやってきました。


「生きること」を重視した生き方。


でも、それだけでは「生活」できないもどかしさ。


いつも、それと折り合いをつけながらやってきました。


そして、いまだ答えは見えないけれど、


息子のためにも、


「生活すること」はおざなりにしないようにしないとと思っています。


やはり自分の本意ではなくてもお金は稼がないと。


そして「生きていくこと」


環境教育やインタープリターにもくくれない、


「新たな自分」を目指して、


常に努力していきたい。と考えています。happy02


今年は3つ(出来たら4つ!)の資格を取得するのに準備中!!こうご期待!

| | コメント (1) | トラックバック (0)