« 最近の私の「インタープリテーション」 | トップページ | いまを乗り切ろう! #jishin »

2011年3月12日 (土)

Twitterと今回の東北地方太平洋沖地震について #jishin

昨日、3月11日は私は佐倉市で地震を体感しました。

あまりの大きなゆれ、ながさに

外の空き地に出て、地震がおさまるのを待ちましたが、

とてもとても ながく 感じました。


とても不安だったとき、ふっと 携帯からTwitter を開いて、確認。


みんなのところも、地震がきている。

あまりの

ながいゆれに


お願い 大地よとまって!14:50:20

と打ちました。


その後、みんなのツイートを確認しました。


息子の安否を確認。自宅の物はたくさん落ちて、一時断水していましたが、


幸い、我が家ははやく落ち着きました。


いてもたってもいられず、携帯のTwitter、パソコンのネットは大丈夫だったので、


Twitterで情報をいろんなところにフォローすることに勤めました。


テレビ、ラジオではなかなか伝えきれない情報が、


Twitterでは、かなり正確に(でも、デマや誤った情報もありました。)


はやく伝えることが出来たと思います。


ドコモはつながることもありましたが、


携帯も電話も繋がらない、


このような災害時に、とっても役立つツールだということが解りました。

-----------------------

翌日3月12日 体感する余震が何度もあり、携帯からの警告音も何度も聞き、


眠れず、


有効な情報をツイート、フォローすることに勤めました。


でも、Twitterをしながら、いま感じていることは、


Twitter上では情報の格差(温度差)がありすぎる


ということでした。

もちろん、私が日本、特に東北に知り合いがたくさんいれば違ったのですが、


Twitterをしていると、私のいる関東の情報はよく入ってくる。


そして、関東の感心ごとは原発事故のことが中心。
マコトシヤカにいってるものもある。


でも、現地のタグは助けて!のSOS


SAVE JAPAN!
http://savejapan.simone-inc.com/


救援要請情報マップ http://bit.ly/eDqyZf
@juntaro33 じゅんたろ
#j_j_helpme #jisin 現在、#j_j_helpmeタグで、支援要請情報をグーグルマップにまとめ中です。誰でも編集出来ます。救出済も更新していってます。ご協力お願いします。http://bit.ly/eDqyZf

を見てください!!

被災地は大変深刻な状況なのです。


本当につらいです。


なんだか、今の「電力事情」をそのままに映し出しているようです。


関東や都会の人たちは電力はたくさん使うけど、


そのリスクを負っていない。


電気を「危険と隣りあわせ」でつくっている人達があんなことに……


本当に、起きてはいけないこと。


みんな、みんな、自分達の「電気」がどこからきているのか?


コンセントの向こう側をきちんと感じて欲しいのです。


「きちんと、自分のこととして、真剣に、とことん考えて欲しい」のです!!


これからが、正念場です。

現在、世界全体で531基数の原子力発電所があるそうです。


日本には55基あって、現在は37基が運転中です。(数字はすこし変動しているかもしれません。表を参照してください)


原子力資料情報室と自由報道協会が


3月12日 20:00より福島原発について緊急共同記者会見を行いました。


専門家、元東芝の方、日弁連の海渡弁護士が参加。

ビデオニュースでUST中継もありました。→ http://ow.ly/4d0TW

今回、東芝・元原子炉格納容器設計者の後藤政志氏が顔と名前をはじめてだして


お話しました。(今まではペンネームだったのです。)


やむにやまれぬ事情があったのだと思います。


でも、「これは何とかしなくてはいけない!!」と怒りをもって


立ち上がったので、本名と顔を出してお話したのだと思います。


その気概は十分に感じ取れました。

「老朽化している 原発は もう、今すぐにでも止めたほうがいい。」そのようなお話も出ました。


また、いつ、大きな余震がくるかどうかわからないからです。


関東に近い、浜岡原発も止めたほうがいいというお話も出ました……。


今後の私達はどうしたらいいのでしょう…


みんなで出来る事を!


ひとつづつはじめる必要があるとおもいます。


まず、むだな電気をつかわない。

@oohamazaki 鮎(大濱崎卓真) 
首都圏在住 RT希望】今日の首都圏停電、更には明日以降の輪番停電を防ぐために、家庭でできる節電方法と節電量をまとめてみた!「家庭で簡単にできる節電方法と節電量」 http://bit.ly/eOyVc7

注:大濱崎卓真さんは、昨日都内でおこった「帰宅困難者」を救済するべく、いろいろご尽力された方です。まだ、何か出来ることをとがんばっています!


都心の広告等、自粛されています。

渋谷の広告がとまったりしています。


この中で、状況を理解している企業は「グリコ」だけだ! http://twitpic.com/48r1o9/full

また、今後の支援作として募金、支援物資を送ることだと思います。


物資を送る際には、受け手となる方達のことを
きちんと把握しなくてはいけません。


「宮城の被災者に支援物資を送りたい人へ」 http://bit.ly/gl2qI7


寄付の団体はいろいろあります。できるところから。

東北地方太平洋沖地震 寄付受付団体


また、ボランティアも募っています。


ボランティア活動検索は、eボランティア・ネット
 http://www.e-volunteer.ne.jp/
@sekinekenji 関根 健次
災害ボランティア情報をこちらで集めています(掲載無料)。支援活動される団体はぜひ情報登録ください。 http://www.e-volunteer.ne.jp/ 

みんな、なにかを「よいほうこうへ、よいほうこうへ」と導けるように


がんばっています。

そうやって、いまも、いろんなかたちで


立ち上がって、がんばっている人たちがたくさんいます!!


ぜひ、みなさんも、できるところから、


よろしくお願いいたします!!!!!!

|

« 最近の私の「インタープリテーション」 | トップページ | いまを乗り切ろう! #jishin »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22364/51101323

この記事へのトラックバック一覧です: Twitterと今回の東北地方太平洋沖地震について #jishin:

« 最近の私の「インタープリテーション」 | トップページ | いまを乗り切ろう! #jishin »